HSK 6級 合格 攻略 最短 例文 文法 出る 使われる

【必ず読むべき!!】凡人のHSK最短攻略法 心構え、勉強法、当日のテクニック

凡人が最短でHSK6級合格基準を超えるとための心構え、勉強法、当日のテクニックを紹介

語学記憶に自信がないあなたへ、社会人の1つの強み(まず読んでほしい①)

社会人のHSK6級の最短合格方法

 ※このページはHSK6級を最短で合格するための基礎知識の1ページ目です。

これから紹介する 「HSK6級攻略法」が効果を最大に発揮する方は、社会人でかつ凡人です。語学記憶に自信がない方や、実際に覚えられないという方ほど力を発揮しますので、ぜひ試してみてください。

では具体的に語学記憶が向上する方はどのような方か、

語学記憶が向上する方

①社会人(20代~40代)で中国語をはじめた人

②偏差値50~60 ※専門学校や大学等で語学を履修していない

③日本在住

この①~③は平凡な社会人かつ凡人)を想定しています。

 ①社会人(20代~40代)で中国語をはじめた人

  日々の勉強時間がない

 ・合格基準越えまでの期間がない(海外赴任の時期が迫っている)

 ・集中力や記憶力に自信がない(つい仕事のことを考えてしまう)

 ②偏差値50~60(専門学校や大学等で語学を履修していない。)

 ・平凡

 ・自力で語学をある程度まで習得できるが「語学」の勉強方法がわからない

 ③日本在住

 ・意識しないと中国語から離れてしまう

 

このあなたは①から③にあてはまりますか。

当てはまると思ったあなたは対象者です。

つまり、申し訳ありませんが凡人です。

そして、ここはそんなあなたのために、HSK6級を最短で合格する方法を記した場所です。無駄に中国語を勉強せず、最短でHSK6級の合格水準を超えられますように。

まずは下の問題を解くところから、はじめてみてください 

 問題:

  合格を目指すにあたり、学生と比べ、社会人の強みは何でしょうか。

 

 答え:

  それは「時間がないことを身をもって自覚している」ことです。

  これを利用し、最短でHSK6級の合格水準超えを目指します。

 

時間のないあなたへ

 戦略(狙う点数配分、計画、心構え)(まず読む②)